2018年5月12日土曜日

レッカー トラックショー

5月10日は横浜市のパシフィコ横浜で開催されている
トラックショーへ。
当店のマナブくんと二人で行ってきました。
新幹線の停まる新横浜駅で降りたことはありましたが、
東京駅から在来線の東海道線に乗り、
JR横浜駅は初めてです。

この時期にしては寒くて小雨模様でしたので、
行き交う人々の服装も横浜の華やいだイメージとは
異なる印象でした。

トラックショーの会場内はド派手な外観のレッカー車が。。。
灯火類はパカパカ/チカチカ光って、
光に集まる羽虫のように引き寄せられます。
城南ボディーのブースは6台、
センチェリー製の装置は一切ありません。
工芸品のような造りで、
飾っておきたいぐらい。
大型レッカーもナンバーワンに華やいでいます。
こちらはすべてヨーロッパ製の装置です。 
もったいなくて使えるのか?と思うほど、
美しい造りです。
ヤマグチレッカーのブースは
すべてセンチェリー製の装置です。
見慣れた装置のせいか、
使いやすいイメージあります。
城南製のF18、量産モデルです。
FALKOM製のレッカー装置は、
センチェリー製よりアンダーリフトの造作がキレイで、
より美しく見えますが、
ブームは短くてイマイチですかね。
ヤマグチレッカー出品の9055ブームですが、
こんなに高く上がるんですネ。 
帰りは上野駅から山形新幹線で。
時間あったのでアメ横に寄りましたが、
ずいぶん様変わりしていました。
魚屋や乾物屋がズラリと並んでいた通りには、
中華料理の食材店やケバブを売る店ばかり・・・。
道行く人々はアジア系の観光客ばかりで、
地元の買い物客はほとんど見かけませんでした。

なんか栄えていた場所がたちまちにして衰えていくような…。
レッカー業もそうなるんでしょうね。

2018年5月6日日曜日

ゴールデンウイーク

ゴールデンウィークも明日で終わりです。
思っていたほどバタバタでもなく、
300km以上の長距離安件数もさほど多くなく、
可も不可もなく過ぎてしまいました。
山岳観光道路にて。
ハーレーに代表される大型ビッグバイクの故障案件は、
もっとも行きたくない案件です。
キズつけたり転倒させたりしたら、
その後1ヶ月はアタマ痛くなり
フトコロ寒くなります。 

350km先までの搬送です。

めったにやらないリヤ吊りです。
空荷でRタイヤ外れのためしょうがなく・・・。 
高さのある爪でフレームを上げましたが、
けっこうグラグラしてました。
久しぶりに肩こり・・・。


ハコスカ GT-R

4月の連休前にバイクの継続車検のため、
陸運支局の検査ラインに並んでいたら、
長生きして良かった。。。ハコスカGT-Rです。
初めてお目にかかりました。
S20エンジンはメーカーラインで組み付けたばかりのように
ピカピカです。
吸気系は名機ソレックスです。
エキゾーストマニホールドは、
まぶしいくらいに光っていました。

車検ラインで検査中の名車は、
とてもキマッていて風格充分です。 
フェラーリも検査ラインに・・・。 
35年以上前にハコスカGT-Xのオンボロ中古に乗っていた
自分にとって、
このGT-Rは神秘的で圧倒的な存在感。。。

趣味

きょうはヒロトくんの初ブログです。

以前の自己紹介でも書いてますが、趣味は釣りです。
3月の中旬はアオリイカを狙って日本海側へ行きました。
産卵のため浜辺のほうに寄ってきます。
まずは道具からと新しい竿とリールを購入しました。
ダイワの「エメラルダス」。。。
さっそくそれで釣りはじめましたが、
アタリすら無し・・・。
この日はまだ海水温は低く、
そのせいかな?とあきらめました。
次回はサワラの子供の名称である「サゴシ」を
釣りに行きたいです。

さてレッカー作業ではトラックのスペア交換作業が
何度か入りました。
これから路面温度が夏に向かってドンドン上がると、
タイヤトラブルはインフルエンザのように広がります。

タイヤの残り溝の限度(乗用車1.6mm バイクは0.8mm)チェック、
タイヤの空気圧やサイドウオール(タイヤの横面)の亀裂やふくらみなど、
点検なさってからお出かけください。

Fromヒロト

2018年4月21日土曜日

レッカー 初夏のように

初夏のような暑さの日が多くなり、
故障や事故のレッカーQQコールは増えてきました。
故障し、宮城県南部から岩手県との県境まで。
宮城県南部から福島市まで、故障けん引。 
事故。 
宮城県~埼玉県の都市部まで。
事故で大破・・・。 
新緑がマブシイくらいキレイな時期です。

2018年4月16日月曜日

レッカー いつまで

米沢市では例年より10日ほど早く
サクラ満開となっています。
中学生だった45年前には
ゴールデンウィークに満開となっていたので、
その頃から比べると二週間以上ほど満開時期がズレています。
昨年の11月に開通した米沢~福島市への高速です。
この高速道は無料区間のため、
みやぎ営業所に行くときに必ず利用します。
高畠町から宮城県の七ヶ宿町に抜ける一般道より、
30分も早く着きます。
さてこの区間での事故は、
山形県内を走る高速道の30%を占めるそうです。
多いのか少ないのか?まだよくわかりませんが、
区間距離から推測するとかなり多いような気がします。
いつもの事故現場です。
今回も一時停止無視による車対車事故。
今月はここに二回目の出動となりました。 
山岳道にて気温が下がってスリップし、
ガードレールに突き刺さりアクスル飛び。
東北道にてバーストによるブレーキ不良。 

これから自動運転とかノーパンクタイヤ装着とか、
レッカー屋にとっては受難の時代に入りそうです。

2018年4月8日日曜日

こりごり 長距離けん引

福島県北部から津軽海峡を越え、
北海道の函館までけん引の依頼です。

大型レッカーでなく4t FⅢTで出発しました。
想像以上に遠い旅のうえ、
4tで大型を引っ張るのはかなり気を使います。
ブレーキはスカスカのように利き悪く、
エンジンパワーもまったく足りません。
担当したマナブくんとヒロトくんは、
ゲンナリして帰ってきました。

でも津軽海峡をフェリーで渡ったのは初めてなので、
よい経験を積んだようです。 
やはり大型トラックはそれなりのレッカー車でないと、
長距離はダメですかネ?