2018年1月13日土曜日

レッカー 真冬

去年よりは雪の多い冬となっています。
1月11日~12日は新潟県などの北陸地方でドカ雪となったようで、
「除雪が追いつかずアチコチで交通障害が起きた」と、
地元のレッカー業者さんがおっしゃっていました。

山形県の南部に位置する米沢市はそんなに積もらず、
やや拍子抜け・・・。
レッカーQQコールもパラパラです。




寒さのせいではないと思いますが、
大型トラックの故障案件は多めです。

15日からの週間天気は時期外れの雨模様なので、
ひまな週となりそうです。

みやぎ営業所(蔵王町)はマイニチ天気が良くて、
雪景色の米沢とは別世界ですね。
たった60分の距離なのに・・・。

2018年1月9日火曜日

レッカー 雪/冬

ついこの前までは↓こんなだったのが、
あれよあれよと冬将軍がやってきて、
レッカー作業で忙しくてあわただしい時期もありました。 
アチコチで脱輪や落車・・・。 
きのうの1月8日は天気も良く、
気になっていた大型レッカー車の架装のため、
福島県猪苗代町の星自動車さんへ伺いました。
星社長は面倒見がよい親分肌です。

年間◎百台の大型・中型案件をこなされているそうです。
大型レッカー車や大型積載が4台あるのも、
深く納得しました。
また大型トラック事故案件の画像をたくさん拝見しましたが、
レベルの違いにアゼン・・・。

自分の器量に合った仕事以外を受けるのは、
かえって依頼元に迷惑だなとつくづく感じました。
でもたまに無理したくなるんですよ。。。


2017年12月2日土曜日

磁石式電話機

きょうは星さんのブログです。

今回は、電話がまだ自動化されていない地域で
使われていた磁石式電話機を紹介いたします。
電話のかけかた・・・電話機本体の側面についているクランクハンドルを
回すと磁石式の発電機が作動し、
その電力で電話局の交換手を呼び出して
相手につながるシロモノでした。
この電話機は官公庁や会社内でインターホンとして
利用されていたらしく、
実験的に配線/通電したところ通話できました。 
From星

最近の脱輪案件。。。
4トン荷あり。もともと4㌧車が出入りできる道では
ありません。
小型レッカー車で後ろを戻してから、
前に回ってウインチブーム作業。
大型ロングダンプ荷10トン?です。
国道全止めにしていただいたので、
集中して作業できました。
荷12トンあり。
箱はやや弓なりになっています。
福島県の達人にお世話になり、荷おろしから引き上げまで。
プロペラシャフトは折れ曲がっていました。
ウイングを開いて2㌧の鉄心コイル5本を別の大型トラックに
移動させてからの作業です。

また玉掛けポイントのちょうど下側に、
幅/深さとも1.2mの側溝があって、角材で橋を作ってから・・・。
冷たい北風はビュービュー、土ぼこりは口や鼻に入るなど、
ハードな現場でした。 




2017年11月7日火曜日

どうにもなりません。

きょうは学くんのブログです。

スズキの車で頻繁に起こるロアアームの脱落。

そしてそのままドライブシャフトが抜けて自走不能になるやつ。
皆さんもそうだと思いますが、
自分も結構その現場に行く機会が多いです。


先日も「交差点内で動かなくなった!!」と
当社の顧客の方からお電話があり、
現場に向かいました。
修理まで当社でさせていただくことになったので、
工場まで搬送です。



早速リフトにかけるとかなりサビがひどい状態。

ボルトも回らなかったり簡単に折れてしまいます。
外れたロアアームのボール部分も
石ころのようにゴリゴリになってました。





やはりブーツが悪いんでしょうか。

ロアアームはきっと売れ筋商品なんでしょうね、
部品屋さんにも常に在庫があります。
後はドライブシャフトと折れた部分の
ボルトが届くのを待つだけです。


ところで最近日産車でも同じ現象が起きる気がするのですが
From学

前2軸フル積載です。
レッカー車のフロントはフワフワして、
交差点へ進入してハンドル切りますが
後ろから押されてフロントグリップが・・・。

ご依頼いただきましたが、
ご覧のようにどうにもなりません。

11月7日のきょうは、
初秋のような暑さです。















































2017年11月5日日曜日

待ってました、開通。

 


 

きょうは修平くんのブログです。
 
先日保険会社のロードサービス部門から
「工事現場でダンプのエンジンかからないので
搬送体制で出動願います」との入電です。
この写真の現場は東北中央道の土木工事現場です。
 
山形県上山市にある山形上山インターと、
福島市笹谷の大笹生ICをつなぐ高速道路で、
11月4日には大笹生から米沢北ICまで開通します。
写真の場所は南陽高畠ICから山形上山ICに向かう工事現場で、
来年度に全線開通予定だそうです。
 
そこには見たことない重機がたくさんあり、
まだ舗装されていない高速道に足を踏み入れたとき、
言葉に表せない不思議な気持ちになりました。
 
肝心の案件はバッテリー上がりだったので、
レッカー車のバッテリーからつないで一発始動。
作業は10分足らずで完了しましたが、
しばらく眺めていたくなる現場でした。
 From修平
4トンのフル積載です。
レッカー車のフロントは浮き気味で、
速度を抑えてのけん引。
足場パイプ満載のトラックは、
見た目よりはるかに重い!です。
大型空車でしたが、
急な下り坂が延々と続く栗子峠では
4㌧レッカー車のブレーキ効き悪く、
冬場はダメですね。

 
東北道と米沢市は、
ようやく高速道でつながりました。
田中角栄先生のような大政治家がその時代の山形県出身者だったなら、
40年前に開通していたでしょう。


2017年10月28日土曜日

レッカー 夜は防寒具

夜間作業では防寒具が必要になり、
秋も深まりました。
前2軸の2軸目バーストです。
スペアタイヤキャリアが固着して、
ブラケットのボルトも回りません。
空荷で軽いため、
3軸目の外側タイヤを外して交換です。
北海道へ帰る途中でのトラブルです。
仙台港フェリー乗り場へ行くのは、初めてです。

ほぼ横転でしょうか?
http://www.hoshi-j.co.jp/pc/index.html
福島県北部の達人にお願いしました。

4㌧に架装したFⅢTは、大型もバンバン。

当店のマナブくんの作業は、
「速い、上手い、間違いなし」。


土曜日の夜は交通量も少なく、静かに過ぎていきます。

2017年10月27日金曜日

小樽

ロードサービス関連の集まりは、
ひさしぶりの北海道です。
中学校の修学旅行、トヨタ系ディーラーに勤めていたときや
新婚旅行などで訪れました。

今回は札幌に一泊のみの小旅行なので、
翌日は小樽市への観光です。
3名でタクシーをチャーターし、
地元のお客さんからも「美味しいよ、アソコは」と言われている
民宿で午前中から一杯引っかけ、
ゴリゴリする食感のホタテや、プリプリのホッキ貝を。

小樽運河や展望台など、メジャーな観光地を巡ったあとは、
タクシーの運ちゃんお勧めのスシ店へ。
ここは美味しかったけれども観光客用の値段設定でした。

なんだかんだでケッコウ散財しましたが、
ファンキーな知人と一緒だったので、
思い出に残る旅でした。


ここ一週間は実家から連れてきた
7歳のヒナコちゃんも一緒です。
1歳半のヤンチャなタマやんと仲良しで、
安心してプレハブハウスで寝泊りしています。